Trivia

フルーツビネガー(果実酢)の効果とは?おすすめレシピも紹介

健康・美容・ダイエットにいいと言われているお酢。体に嬉しい効果があるものの、酸味が強くて苦手…という方も多いのではないでしょうか?毎日つづけるためにも、できるだけ美味しく・楽しくいただきたいですよね。

そこで、今回はお酢が苦手な方でも気軽にいただける「フルーツビネガー」について解説します。フルーツビネガーの種類や作り方、おすすめの飲み方も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

フルーツビネガーの効果とは


フルーツビネガー(果実酢)とは、フルーツを使ったお酢のドリンクです。

通常のお酢と言えば、ツンとした香りと強い酸味があり、人によっては飲むのはもちろん、料理に使われるのも苦手という方もいらっしゃるでしょう。ですが、フルーツビネガーはその名の通りさまざまなフルーツを使っているため、通常のお酢に比べて酸味がまろやかで、おいしくいただけるのが特徴です。

そんなフルーツビネガーは、おいしいだけでなく美容や健康維持にぴったり。
どのような効果が期待できるのか、ひとつずつご紹介します。

疲労回復効果

お酢に含まれるさまざまな成分のひとつに「クエン酸」が挙げられます。クエン酸は体の疲れの原因となる乳酸などの物質を溜めないようにする働きを強めるため、自然治癒力が高まる効果が。

さらに、お酢のツンとした酸っぱさの元でもある「酢酸(さくさん)」も、体の中でクエン酸と同じような働きをすることがわかっています。疲労回復効果が高まるほか、脳卒中や動脈硬化などの防止にもつながるため、毎日取り続けるよう心がけましょう

参考: https://ishihara-circ.com/blog/431.html

フルーツビネガーにはダイエット効果も

フルーツビネガーにはダイエット効果もあります。

1日あたり約15ml、大さじ1杯のお酢を毎日摂り続けると、内臓脂肪が減るという研究データがあります。1日15mlのお酢を含む飲み物を摂った人とそうでない人とでは、腹囲(内臓脂肪)はもちろん、体重や血中の中性脂肪の量にも違いがみられました。

メタボリックシンドロームの指標となる腹囲にも変化がみられ、BMI値も下がっています。

肥満気味で、健康を考えてダイエットをしようと思っているけどなかなか運動が続かない…という悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか。

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪のふたつがありますが、特に男性の肥満に多いと言われているのが内臓脂肪です。内臓脂肪は、おもに糖や脂質などの栄養を摂りすぎることで、内臓のまわりにべったりと脂肪がくっついてしまうのが特徴です。

食事や運動などの生活習慣を見直せば皮下脂肪よりも落としやすいと言われていますが、それでもなかなか運動が長続きできないという人も少なくありません。そんな方はぜひ口にする物を意識してみて下さい。お酢を毎日とることでダイエットをサポートしてくれますよ。

参考:https://www.lionshop.jp/contents/lactoferrin/
参考:http://www.mizkan.co.jp/company/sunochikara/totonoeru/01-1.html

市販のフルーツビネガー選びの注意点

注意しておきたいのが、市販のフルーツビネガーです。
飲みやすさを重視したフルーツビネガーの中には、甘味料などの添加物が多く含まれていたり、糖分が多いものがあったりします。カロリーの低いものを選んだり、添加物が入っていない(少ない)ものを選んだりすると良いでしょう。

また、自分でフルーツビネガーを作るのもおすすめです。フルーツビネガーはスーパーで材料をそろえられるため、誰でもすぐにオリジナルのフルーツビネガー作りにチャレンジできます。

フルーツビネガー(果実酢)の種類とは?


一口にフルーツビネガーといっても、なにを漬け込むかにより様々な種類があります。ここでは、フルーツビネガーの種類とその効果を紹介しましょう。

りんご

フルーツビネガーの定番とも言えるのが、りんごを漬け込んだフルーツビネガーです。イギリスには「1日1個のりんごで医者いらず」ということわざがあるほど、りんごには様々な栄養素が含まれています。

たとえば、りんごに含まれる「ペクチン」には整腸作用があるため、胃腸の働きを活発にする効果があります。これにより、腸内に溜まった便を排出してくれたり、下痢を解消してくれたりするのです。ほかにも、コレステロール値の低下や、カリウムの効果によるむくみ解消も期待できます。

ブルーベリー

ブルーベリーもフルーツビネガーの定番フルーツです。ブルーベリーにはポリフェノールやビタミンなどの栄養素がたっぷり。ポリフェノールの1つである「アントシアニン」には、強い抗酸化作用があります。

これにより、目の健康維持やシミ・シワなどのアンチエイジングにも役立つのです。また、日焼けを予防する「ビタミンC」や、丈夫な骨作りに欠かせない「ビタミンK」も豊富に含まれます。

ザクロ

フルーツとしてあまり馴染みのないザクロですが、お酢との相性はぴったり。ザクロは古くより「女性の果実」と呼ばれるだけあり、女性にとって嬉しい成分が豊富に入っています。たとえば、ザクロに含まれる「エストロン」には女性ホルモンと同じ働きが期待でき、更年期障害やむくみの解消に役立ちます。

また、ビタミンCによる美肌効果や、ビタミンB2によるダイエット効果も。
ダイエットや美容にぴったりの果物なのです。

ほかにもミカン・キウイなどの定番フルーツから、バナナやイチゴといった変わり種のフルーツビネガーもあります。フルーツの栄養素を比較しながら、美味しく続けられるフルーツビネガーを見つけられるといいですね。

フルーツビネガーの作り方とおすすめレシピ

フルーツビネガーの簡単な作り方

フルーツビネガーは、お好みのフルーツ・氷砂糖・お酢があれば簡単に作れます。作り方は1:1:1割合で密封できる瓶などに詰めて、1週間寝かせておくだけ。

《材料》
・お好みのフルーツ…200g
・氷砂糖…200g
・穀物酢…200g

使うお酢は料理にも使う穀物酢をはじめ、黒酢、りんご酢など、お好みのものを使いましょう。お酢によって完成品の味が異なるため、好みによって氷砂糖の量を調整してください。

フルーツビネガーのおいしい飲み方

フルーツビネガーによって異なりますが、フルーツビネガー1に対して水や炭酸水などの割り材を3~5程度の割合で割るのが一般的です。ポイントは、自分が「おいしい」と感じる割合で割ることと、濃すぎるとのどや胃に強い刺激を与えるので注意することです。

水だけでなく、ご家庭にある牛乳やヨーグルトなどさまざまなもので割ってみると良いでしょう。
フルーツビネガーにおすすめの割り材をご紹介します。

  • 炭酸水
  • 牛乳
  • 豆乳
  • 飲むヨーグルト
  • お酒(洋酒や焼酎など)

酸っぱいフルーツビネガーにまったりとした牛乳は、一見すると合わないのでは?と思ってしまいますが、意外にもお酢が苦手な方でも飲めるほどヨーグルトのようなさわやかな味わいになるのでおすすめです。

ヨーグルトとお酢も酸味が強くなりそうと思ってしまいますが、ヨーグルトの酸味とお酢の酸味が調和してマイルドでさっぱりとした味わいになります。

また、お酒を飲む方はウォッカや焼酎などお好みのお酒で割っていただくのもおすすめです。さっぱりとした味わいになるだけでなく、お酢の効果でアルコールの吸収がゆっくりになり二日酔いしにくくなるのもおすすめのポイントです。

漬けたフルーツとともに赤ワインで割ると、まるでサングリアのような爽やかでフルーティーな風味を楽しめますよ。

おすすめレシピ1・シェイク


フルーツビネガーと牛乳、もしくは豆乳をシェイカー(密封できる瓶)に入れてシェイクします。
甘めが好きな方は、バニラアイスを大きめのスプーン1杯分加えてシェイクすると良いでしょう。

ミキサーがある場合は、フルーツごと入れるのもおすすめです。
混ぜるだけでおいしくヘルシーなデザートの出来上がりです。

おすすめレシピ2・フルーツポンチ


さっぱりデザートにおすすめなのが、フルーツポンチです。

フルーツビネガーで漬けたフルーツの他に、好みのフルーツと炭酸水を用意します。一口大にカットしたフルーツとフルーツビネガーを器やグラスに盛り、炭酸水を注ぐとあっという間にフルーツポンチの完成です。

おすすめレシピ3・ドレッシング


フルーツビネガーは飲むだけでなく、お料理へのアレンジも簡単にできるのが特徴です。

フルーツビネガーと同量のオリーブオイルに、塩をひとつまみ加えて混ぜると、フルーティーな香りがさわやかなドレッシングに早変わり。レタスやベビーリーフなどの葉物のサラダにかけていただくのがおすすめです。

ドレッシングに使うのに適しているのは、レモンやオレンジ、りんごなど酸味の強いフルーツを使ったフルーツビネガーです。サラダのほか、魚のカルパッチョのソースとして使うのも良いでしょう。仕上げにブラックペッパーをふりかけても、おいしくいただけます。

フルーツビネガーで健康的な食生活を送ろう

健康やダイエットに嬉しい効果があるフルーツビネガーですが、飲みやすいと言ってもお酢はお酢です。独特の酸味があり、飲みにくいと感じる人もいるでしょう。そんな人には、micoas(ミコアス)の「飲む、コ酢メ。」がおすすめ。

「飲む、コ酢メ。」はフルーツビネガーではなく、赤酢・黒酢に果実をくわえた飲むお酢です。一般的に販売されているお酢は数時間から数日で醸造する製法が使われていますが、「飲む、コ酢メ。」に使用しているお酢は職人が3年の月日をかけてゆっくりと発酵させます。

これにより、一般的なフルーツビネガーよりもまろやかな口当たりで、飲みやすい仕上がりになっているのです。丸搾りにしたザクロの果汁や、ブルーベリーの果肉・種を丸ごと使用しているため、贅沢な果実感を感じるという特徴も。

「フルーツビネガーの酸味が苦手・・・」「美味しく続けられない・・・」という人は、ぜひお試しください。

\\原材料にこだわった身体想いの飲むお酢//

 alt=
Micoas『飲む、コ酢メ。』

希少なオーガニック(無農薬)のザクロのみを種ごと丸搾りした身体想いの飲むお酢。3年以上の月日を要する天然醸造のお酢だけを100%使用しています。

     

関連記事

PAGE TOP