Trivia

飲むお酢は白砂糖不使用がおすすめ!毎日飲んでも美味しいお酢も紹介

美容や健康、ダイエットのために飲む人が増えてきている飲むお酢。

せっかく体に良いものを日常生活に取り入れるのなら、糖の種類など原材料にもこだわりたいものです。
しかし、砂糖不使用の飲むお酢と聞くと「美味しく飲めるのか不安」「酸っぱさが気になって飲めない」という人も多いのではないでしょうか。

この記事では、なぜ白砂糖不使用の飲むお酢が体にいいのかに加え、毎日飲むのにおすすめのお酢を紹介します。

\\原材料にこだわった身体想いの飲むお酢//

 alt=
Micoas『飲む、コ酢メ。』

希少なオーガニック(無農薬)のザクロのみを種ごと丸搾りした身体想いの飲むお酢。3年以上の月日を要する天然醸造のお酢だけを100%使用しています。

     

飲むお酢が与える効果とは?


お酢は1日大さじ1杯(15ml)を毎日飲み続けることで様々な健康効果が期待されます。

改めて飲むお酢がなぜ美容や健康、ダイエットに良いと言われているのか、飲むお酢が与える効果についてチェックしておきましょう。

脂肪燃焼効果

お酢には「クエン酸」と「アミノ酸」という成分が含まれています。

クエン酸には脂肪をエネルギーに変える働きがあり、アミノ酸には脂肪燃焼を助ける働きがあるため、健康やダイエットを意識する人は特に積極的に摂取したい成分です。

さらに、お酢に含まれる酢酸には脂肪の蓄積を防ぐ効果も期待されています。
特に運動をする30分前にお酢を飲むことでより運動が効果的になるため、日頃の運動にプラスしてお酢を飲む習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

血糖値の急上昇を防ぐ

お酢に含まれる酢酸という成分には、食後の血糖値の急上昇を防いでくれる効果があります。
血糖値が急上昇すると、生活習慣病になる恐れや、脂肪が燃焼しづらい体になる恐れがあることはご存知でしょうか。
人は食事をする(糖を摂取する)と血糖値が上がり、それに反応してインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには糖を分解してエネルギー源にする働きがありますが、その代わりに脂肪の分解を抑制してしまう働きもあるのです。
つまり、インスリンが大量に分泌されてしまうと、どんどん脂肪が燃焼しづらい体になります。
また、血糖値の急上昇を繰り返しているとインスリンの分泌が上手に行われなくなり、糖尿病になる恐れもあるため注意が必要です。

食事にお酢を取り入れたり、食事中にお酢を飲むことで血糖値の急上昇を防ぐ効果が期待されます。
痩せにくいと感じている人や、生活習慣病を予防したい人は、食事の際にもお酢を摂取することに意識を向けてみてください。

整腸作用

お酢に含まれる成分の中には、善玉菌が好む「グルコン酸」が含まれています。

グルコン酸を摂取すると善玉菌が活発に活動をしてくれ、ぜん動運動が活発になり、腸内環境を整えてくれるのです。
また、お酢に含まれている酢酸には腸内の善玉菌を増やす働きも期待されます。
特に便秘に悩んでいる人は、積極的にお酢を摂取して腸内環境を整えてはいかがでしょうか。

疲労回復

人が疲労を感じるときは、体内でエネルギーが不足しているか、疲労物質の「乳酸」が溜まっているかのどちらかが原因です。

疲労回復には糖質を摂取して、足りないエネルギーを補う必要があります。

また、エネルギーの一部は「グリコーゲン」に変換され筋肉に貯蔵されますが、このグリコーゲンの貯蓄を助ける役割がお酢にはあるのです。

さらにお酢に含まれるクエン酸には、疲労物質の「乳酸」を分解する働きがあります。
疲れを感じている人はもちろん、疲れを感じる前から糖質とお酢を一緒に摂取することを心がけましょう。

血圧低下作用

お酢の主成分となる酢酸には血管を広げるアデノシンに働きかけ、血圧の上昇を抑える効果があります。
飲み続けることで効果があるものなので、血圧が気になる人は毎日継続してお酢を摂取するようにしてください。

また、血圧をあげる原因となる塩分を抑えるのにも役立つのがお酢です。

味が物足りないと感じたときに塩や醤油を加えるのではなく、お酢を加えることで味の物足りなさをカバーしてくれ、結果的に塩分を抑えられます。

飲むお酢は白砂糖不使用がおすすめ!


ここまで飲むお酢の効果について紹介しましたが、お酢なら何でも良いというわけではありません。

もちろん食事に加えるのであれば穀物酢や米酢などで問題ありませんが、お茶や清涼飲料水のように飲むとなると様々な種類の酢が売られています。
ここで気をつけなければいけないのがどんな種類のお砂糖を使っているかという点です。

お酢には脂肪燃焼効果や血糖値の急上昇を防ぐ効果がありますが、果糖ブドウ糖や白砂糖がたくさん入ったお酢では意味がありません。

飲むお酢として販売されている商品の中には、このような白砂糖、果糖ブドウ糖をたくさん使っている商品もあり、飲用のお酢を選ぶときには注意が必要です。

毎日飲むならmicoasの「飲む、コ酢メ。」


飲むお酢を選ぶときのポイントとして、白砂糖不使用がおすすめだとお伝えしましたが、そうなると気になるのが「飲みやすさ」ではないでしょうか。
お酢そのものの酸っぱさが気になってしまえば、なかなか毎日飲み続けるのは難しくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのがmicoasの「飲む、コ酢メ。」

micoasの「飲む、コ酢メ。」は無添加・天然醸造にこだわった飲むお酢で、てん菜糖・オリゴ糖のみを使用し白砂糖不使用で飲みやすいのが特徴です。

「飲む、コ酢メ。」のさらに詳しい特徴を紹介していきます。

原材料は米由来の赤酢・黒酢

micoasの「飲む、コ酢メ。」はザクロ味とブルーベリー味の2種類。
一見よくある果実酢やフルーツビネガーとは異なり、原材料は米由来の赤酢・黒酢です。

りんごなどの果物自体を発酵させて作る果実酢と比べて、米由来のお酢はアミノ酸が圧倒的に多く含まれています。
アミノ酸には脂肪燃焼を助ける働きや、タンパク質を構成する役割がある大切な栄養素です。

お酢を飲むのであれば、よりアミノ酸が多く含まれているmicoasの「飲む、コ酢メ。」をおすすめします。

白砂糖不使用

米由来のお酢は酸味が強く飲み辛いというイメージが強いと思いますが、micoasの「飲む、コ酢メ。」は原材料にこだわって飲みやすいお酢をコンセプトに作られた飲むお酢です。

通常酸味の強いお酢を飲みやすくするためには果糖ブドウや白砂糖やはちみつなどを使って甘みを足し酸味を隠す必要がありますが、「飲む、コ酢メ。」は白砂糖不使用。

白砂糖ではなく、白砂糖に比べてGI値の低いてんさい糖やオリゴ糖という体にやさしい甘みを使うことで飲みやすくしながらも健康を考えた飲むお酢です。

無添加で安心して飲める

micoasの「飲む、コ酢メ。」は化学調味料や保存料、着色料は一切使っていません。
それだけでなく、水さえも加えていない完全に無添加の飲むお酢です。

健康のため、体のための飲むお酢だからこそ白砂糖不使用・無添加にこだわった「飲む、コ酢メ。」を一度試してみてはいかがでしょうか。

ザクロ・ブルーベリーにもこだわりが

「飲む、コ酢メ。」のザクロは有機ザクロを種ごと丸搾りした生果汁を使用。

栄養の豊富な種ごと絞っているため、ザクロが本来持っている栄養も余すことなく味わえるのが特徴です。
ブルーベリーは果汁ではなく、ポリフェノールが豊富な皮や種も含めた果実まるごと使用しています。

今まで同じような味の果実酢やフルーツビネガーが口に合わなかった人にも「飲む、コ酢メ。」をおすすめします。

毎日飲もう!白砂糖不使用の飲むお酢


白砂糖不使用の飲むお酢を1日大さじ1杯(15ml)でも、毎日飲み続けることで脂肪燃焼効果や整腸作用など、様々な健康効果が期待できます。

健康が気になる人や、ダイエットをしたい人はぜひ取り入れてほしい日常習慣です。

毎日続けて飲むためには飲みやすいお酢を見つけることも大切なので、迷ったらmicoasの「飲む、コ酢メ。」を試してみてください。

\\原材料にこだわった身体想いの飲むお酢//

 alt=
Micoas『飲む、コ酢メ。』

希少なオーガニック(無農薬)のザクロのみを種ごと丸搾りした身体想いの飲むお酢。3年以上の月日を要する天然醸造のお酢だけを100%使用しています。

     

関連記事

PAGE TOP