Trivia

お酢の美容効果がすごい…!飲み続けるだけで得られる効果、おすすめの飲み方をご紹介

若々しさや美しさをキープするために日常でぜひ取り入れたいこと。
それは「お酢を飲む」ことです。

運動をしたり、サプリメントを飲んだりするなど、美容のためにさまざまな取り組みをされている方は多いと思います。ですが、もっと手軽な方法としてお酢を毎日飲み続けてみませんか?
お酢を飲み続けるとさまざまな美容効果・健康効果が得られることがわかっています。

今回は、お酢がどのような美容効果をもたらしてくれるのか、おすすめの飲み方も合わせてご紹介します。

お酢は美容にぴったり!嬉しい効果とは


まず、お酢を継続的に飲むことで、次のような効果があると言われています。

  • 肥満防止効果
  • お通じ改善
  • 美肌効果

便秘や肌荒れ、ダイエットなど女性にとって気になることばかりですよね。
お酢を飲むことで改善したり予防したりできると言われています。

では、なぜお酢を飲むとこのような嬉しい効果が得られるのでしょうか?

肥満防止効果

まず一つ目は、肥満防止効果。
お酢のおもな成分である「酢酸」には、肥満を改善したり予防したりする効果があることがわかっているんです。

酢酸が含まれているお酢を飲み続けることで内臓脂肪や皮下脂肪がつきにくくなり、またすでに体に付いてしまっている脂肪も、飲み続けることで減っていくという実験結果があります。この実験では内臓脂肪が減っただけでなく、腹囲、BMI値、体重もそれぞれ低下していて、お酢の美容効果・健康効果が高いことがわかりました。

さらに、お酢を飲み続けることでエネルギーの代謝が高まることも知られています。
内臓脂肪がエネルギーとして使われやすい状態になり、ダイエットに良いと言われています。

お腹周りが気になる方やBMI値が高いという方にとってお酢はまさに救世主。
特別なエクササイズをしなくても飲み続けることで脂肪が減るなんて魅力的です。

お通じ改善

二つ目は、お通じ改善効果。

お酢を摂ると、胃酸(消化液)が多く分泌されるようになり、胃腸を刺激して活発に動くようになります。
腸ではぜん動運動が活発になり、老廃物である便を体の外に出そうするため、お酢を摂るとお通じが良くなると言われています。

また、お酢にはグルコン酸という成分が含まれています。胃でも成分が壊れず腸まで届くグルコン酸には、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きがあります。胃腸の動きを活発にし、そして腸内環境を善玉菌優位へと導いてくれるお酢。便秘気味の方や便通で悩んでいる方は、お酢を摂ることでお通じ改善も期待できます。

美肌効果

お酢で便通が改善すると、美肌効果も得られます。

便秘気味の方は、常に体に老廃物が溜まった状態なので、そこから発生するガスが体に悪影響を及ぼすと考えられます。お酢を飲んで腸内環境が整えば老廃物をしっかりと体の外に出すようになり、肌の改善が期待できます。

また、お酢には肌や髪を作る元となるアミノ酸がたっぷりと含まれているので、肌の状態を整えてくれます。
さらに、お酢に含まれるクエン酸は高い抗酸化作用を持っているので、体を傷つける活性酸素から体を守る働きもあります。お酢の力で体の中から美しさや若々しさを保つことが期待できます。

お酢は「健康効果」も高い


ここまでお酢を飲むことによるさまざまな美容効果をご紹介しましたが、お酢には次のような健康効果もあると言われています。

  • 血圧を下げる
  • 血中脂質を減らす
  • 疲労回復

お酢に疲労回復効果があることは広く知られていますが、それだけでなく血圧を下げたり血中脂質(中性脂肪やコレステロール)を減らしたりする、健康効果も高いことが研究により明らかにされています。

高めの血圧や悪玉コレステロールは生活習慣病につながるので、気を付けていらっしゃる方も多いはず。大きく食生活を変えるのはなかなか難しいですが、日々の生活にぜひお酢をプラスして食生活の改善をしてみませんか?

そして、美容にも健康にも良いお酢ですが、大事なのは『毎日続ける』ことです。
研究結果でも出ているのですが、残念ながらお酢のダイエット効果や血圧を下げる効果などはお酢を飲むのを止めてしまうと元に戻ってしまいます。

無理なく日々の生活にお酢を取り入れるためには、「おいしい」と感じられるかどうかも大事なポイント。
そこで、お酢をおいしくいただけるおすすめの飲み方・アレンジ方法についてご紹介します。

お酢初心者は果実酢がおすすめ


お酢ビギナーの方は、飲みやすさを重視した飲むお酢(フルーツビネガー・果実酢)から始めてみるのがおすすめです。
飲むお酢は原液そのままやお水や炭酸で割って飲むことを前提としたお酢なので、どのお酢も比較的飲みやすいのが特徴です。

お酢の酸味とフルーツの酸味が合わさって飲みやすく、ソーダ割や水割りでもおいしくいただけます。
味に慣れてきたら、さまざまなアレンジにぜひチャレンジしてみて下さい。簡単にできるものだけでも次のようなアレンジがおすすめです。

  • 牛乳やヨーグルト割り
  • お酒(焼酎、ウォッカなどお好みのもの)割り
  • ソーダと生のフルーツでデザート風に
  • ゼリーなどのデザート作りに

お酢と牛乳の意外な組み合わせですが、お酢の酢酸と牛乳が合わさると脂肪分が固まるため、少しとろみのある状態になります。まるでヨーグルトのような風味を楽しめるので、お酢が苦手という方にもおすすめの飲み方です。

ヨーグルトとお酢は酸味×酸味ですごく酸っぱくなりそうですが、意外にも2つの酸味が調和して打ち消し合うのでとてもマイルドな味になります。少し酸味のある乳酸菌飲料との組み合わせもおすすめです。

他にも、ソーダで割った飲むお酢とフレッシュなフルーツを使えば、簡単にフルーツポンチができ上がります。
皮をむくのが大変だな、という場合は缶詰のフルーツやそのまま使えるイチゴなどを入れるのも良いですね。お酢の栄養だけでなくフルーツの栄養も摂れるので、より美容効果・健康効果が得られます。

そしてお酒を嗜まれる方におすすめなのが、お酒の飲むお酢割り。お酢に含まれる酢酸にはアルコールの吸収をゆっくりにする効果があるので、悪酔いしにくいと言われています。飲みやすいからと言って飲みすぎは禁物ですが、お酒×お酢もおすすめの組み合わせです。

お酢を使った手作りドレッシング


お酢は飲むだけじゃなく、サラダのドレッシングとして使ったり、煮物の調味料としてお酢を加えたりと、普段のお料理に加えるのもおすすめです。飲むお酢でお酢に慣れてきたら、次はお酢を使ったお料理にもぜひチャレンジしてみて下さい。

まずは、材料があれば誰でも2~3分でさっと作れる簡単手作りドレッシングの作り方をご紹介します。

●フレンチドレッシング
・酢
・塩コショウ
・サラダ油(オリーブオイルでも可)

作り方はとっても簡単。すべての材料をよく混ぜ合わせて、レタスやベビーリーフなどお好みの野菜と和えるだけ。シンプルな味付けなので、使うお酢をリンゴ酢や黒酢に変えてお酢の風味もぜひお楽しみ下さい。

●和風黒酢ドレッシング
・黒酢
・醤油
・ごま油

和風が好きな方は、お酢とお醤油・ごま油を合わせた和風ドレッシングもおすすめです。こちらも材料をよく混ぜ合われば出来上がり。サラダはもちろん、お肉やお魚料理のソースとして使うのもおすすめです。すりおろした玉ねぎや、叩いて潰した梅を加えてもおいしくいただけます。

●マヨドレッシング
・酢
・マヨネーズ
・サラダ油
・塩コショウ

もともとお酢が入っているマヨネーズにさらにお酢を加えることで、すっきりとしたドレッシングが出来上がります。千切りキャベツやレタスなど、サラダ野菜全般と相性が良いのが特徴です。

お酢をお料理に取り入れると聞くと最初は難しく感じられるかもしれませんが、意外にも普段のお料理にお酢を加えるだけでさっぱりヘルシーなお料理が出来上がります。

お酢の内臓脂肪を減らすなどの効果を得るためには、毎日約15mlのお酢を継続的に摂ると良いと言われています。
お酢ドリンクとしてそのまま飲むだけでなく、ドレッシングや調味料として日々のお料理にも積極的に使って、ぜひ無理なく毎日お酢を摂ってみて下さい。

美容のために、お酢は毎日おいしく飲み続けよう

こんなにも沢山の美容効果・健康効果があると言われているお酢。『なんとなく身体に良さそう。』ではなく、なぜお酢が美容に良いと言われているのか、その理由を知れば自然と毎日お酢を摂りたくなりますよね。

何度も言いますが、お酢による美容効果を得るためには「毎日飲み続けること」がもっとも重要なポイントです。

そのためにも、自分がおいしいと感じられるお酢を探してみましょう。
酸っぱい・おいしくないなど、お酢を飲む時間がストレスになってしまうと本末転倒な上に、いつの間にかお酢を飲む習慣が止まってしまいます。

これなら毎日続けられそうだというお酢ドリンクを見つけて、さらに自分のお好みのお酢レシピも見つけて、美容や健康効果が得られるように毎日お酢を飲み続けるようにしましょう。

関連記事

PAGE TOP